意外と使わない物

季節によって必要なものは若干異なりますが、意外と使わないものを持っていくと荷物が増える問題があります。帰省や旅行の場合には、余分に持ち物があっても許容範囲と考えることができますが、イベントに参加、またはテーマパークを訪れて宿泊せずに帰る場合には、余分な荷物は不要となります。高速バスを利用する場合は余分な荷物を減らす方が快適に過ごすことができます。最近の高速バスでは、車内での貸し出しやアメニティに力を入れているところもあります。

膝掛けのブランケットは、夜行バスではほとんど各座席に用意されているものです。お気に入りのブランケットがあれば別ですが、特に気にしない場合には余分に用意しておく必要はない持ち物となります。また、スリッパやアイマスク等に関しても、用意されている場合があります。確認したい場合にはバス会社、またはネット予約した時のサイト等にバスの紹介文が記載されていることがあります。きちんと確認をすることで余分な荷物を減らすことができます。

スマホは今では連絡手段として利用するため必要なものになりますが、ゲーム機などの光画面の仕様は禁止の場合があります。眠りたい人もいるため、暗闇の空間に光があると迷惑になってしまうことがあります。